私の忘れられないゲームベスト3を、勝手に発表ですw

3位 スーパーマリオブラザーズ
マリオ

すいません、ベタで・・・w

子供の頃、誰もが夢中になって遊んだゲームですね~

今やると、少し物足りないかもしれません・・・

しかし、このゲームの何がすばらしいかと言うと、子供も大人も(ゲームなんて余りやらないような大人も)一緒になって遊べたという単純極まりないゲームということですね~

当時、同年代の友達だけではなく、母親や叔父などと、一緒になって遊び、心から楽しんだゲームです

今のゲームに慣れてしまった私は、あの当時の気持ちでスーパーマリオをすることはもう二度とありませんが・・・一番楽しかったゲーム時代といえば、あの小学生時代と迷わず答えます




2位 ドラゴンクエスト3そして伝説へ
ゾーマ

すいません、ベタでw

なんといっても、どうしたって外せないでしょう・・・

みんな知っていると思いますが、ネタバレしますので、ここから先ドラクエ3をまだ遊んでいなくて、これからクリアを目指す方は読まないでください・・・

そして伝説へ・・・って、一体なんだ?と思いながら、よく分からずプレイしていたわけです・・・

そしたら、ドラクエ1・2の世界アレフガルドに落とされ・・・なんで、またドラクエ1・2の世界に戻るんだ?と思いながら・・・そこに真の敵がおり・・・あ、そういえば、真の敵ゾーマですが、小学生の私は、あの最後の戦闘シーンで戦いを止めて、ゾーマを必死に真似て描いてました・・・しかし、ドットのため、顔とかよくわかりません・・・w上の戦闘画面を見てもらえばわかりますが、顔がよくわかりませんよね・・・

本当の顔はこれです
ゾーマ2

全然違うやないかい!!!w

当時は、ラスボスが公表されることなんてありませんから、この鳥山明画のゾーマなんて見ることは当然ありませんでした・・・

まあいいです・・・当時は仕方なかったのでしょう・・・

で、ゾーマを倒すと、もともと住んでいた上の世界には返れなくなります・・・

そして、自分の使っていた武器や防具は、やがてロトの剣や盾として、受け継がれていき、伝説となり語り継がれていくわけで・・・画面にこう出るわけです・・・

そして、伝説がはじまった!

鳥肌~w

当時、何度も何度もエンディングを見ました・・・ゾーマとの戦闘シーンの曲は今でもすぐ歌えます・・・テリレリテリレリテリレリテリレリ~♪みたいなw

まあ、3位も2位もベタ過ぎですね・・・




1位 フロント・ミッション
FM
FM2

まあこんな感じのスーパーファミコンのシミュレーションゲームですね

内容はこんな感じ・・・

主人公、ロイド・クライフは、恋人で婚約者のカレン・ミューアとともに、軍隊に所属する軍人で、18歳のとき、とある事件に巻き込まれ、カレンは行方不明となる。軍籍をその事件で剥奪され、1年後、闘技場で日銭を稼いでいたロイドは、オルソンという人物にスカウトされ、キャニオンクロウの隊長となる。多大な戦果を上げ、そんな中、カレンの生存情報を得て、カレンを探してたロイドだが・・・

そして、私が忘れたくても忘れられない衝撃のシーンは、エンディングではなく、ゲーム中盤の出来事でした・・・

以下、思いきりネタバレシーンなので、フロントミッションをこれからクリアしようと思っている方・・・なんているかなw
は、見ないでくださいw

主人公ロイドと、ラスボスとなるドリスコルの会話




ドリスコル:やっときたなロイド。必ずここを通ると思っていた。
ロイド:きさま…………。
ドリスコル:なつかしいだろう?ここでお前と私は戦った。
そしてここにはカレンもいる。一年前のままだ。
ロイド:カレン!?一体どこに?
ドリスコル:まだわからんのか?ここだよ、私の機体の中だ。
ロイド:な、なんだと………まさか………。
ドリスコル:ふふ、そうだ。カレンは、サカタ製B型デバイスとしてここにいる!
カレンは、おまえなどにはもったいないほど素晴らしい女だ。
このコンピュータで我々の目的は達成できる!
ロイド:カレン……………………。きさまぁぁ!!!!
ドリスコル:やる気か?いいだろう、カレンと私とで相手をしてやる!



戦闘終了後・・・



ロイド:……………………。
サカタ:ロイド…………。
ロイド:ピウィー、カレンを………、ドリスコルのコンピュータを俺の機体にとりつけることができるか?
ピウィー:え?ああ。規格は同じみたいだからできるとは思うけど………、
でもロイド。
ロイド:カレン…………、一緒に行こう。
……………………全ては俺達から始まった………。
だから俺達で全てを終わりにしよう………。

アイテムを入手しました...
カレンデバイスBD-6Kr:
格 97 近 98 遠 99 回避 99
.......ストックします 



以上・・・ゲームより抜粋

ちなみに、B型デバイスとは、人間の脳をパーツとして使用したコンピュータである・・・

ここで私は思いました・・・

「うわああああああああああああっ!!!!!」と・・・・・・・w

これは酷い・・・酷すぎやしませんか・・・そんでもって、恋人の脳が入ったパーツと一緒に、戦いはまだまだ続くよ~みたいな・・・

このシーンが、今までのゲーム人生の中で、忘れたくても忘れられませんw

このゲームの続きが気になる方は、是非プレイしてみてくださいw

調べてみたのですが、追加要素を加えたプレステ1版、追加要素を加えたニンテンドウDS版も出てるみたいですね~

以上、忘れられないゲームベスト3でした・・・

スポンサードリンク